FC2ブログ
3連休でしたが、いつものお休みよりはいろいろ盛りだくさんのお休みでした。SAさんを舐めさせていただくのは久しぶりなのですが、舐め犬以外にも晩ご飯をときどきご一緒していましたので、いろいろお話はよくしていました。昨年、都内のシティホテルにお泊りしたいという話から、泊まるなら温泉とかの方がよくない?、という話になり、けっきょくお泊りはしないけど温泉はいいですね、ということで、うまくSAさんのお休みの予定が合ったので、温泉に行くことになりました。どこか行きたいところあれば、と言っていたところ、熱海の秘宝館に行ってみたいとおっしゃるので、温泉から何故か秘宝館メインのお出かけになりました。

ゆっくり目に車で出かけたのですが、天気が少し悪いということもあるのか渋滞もなくお昼には熱海に到着していました。熱海の市街は車も多くて車では初めてということもあり、とりあえず秘宝館の方へ先に行くことにして、いろいろ見てきました。インターネットでいくらでもエロ関係は見ることができる昨今では秘宝館も大したことはないのですが、あれだけ堂々と面白可笑しくエロを展示しているのはなかなか面白いですね。お風呂の方は、日帰りですが、熱海ならお風呂だけ入らせてくれるところもたくさんあるのですが、せっかくだから貸し切りで一緒に入れるところを探しましたが、日帰りで貸し切りを使わせてくれるところは限られていて予約ですでにいっぱいでしたし、お風呂のほうは普通に別々のところへ行きました。しっかりと温まってのんびりできたのでなかなか良かったです。帰りは箱根の方は雪が降ってチェーン規制とかになっていたので、ちょっとびっくりですが、私たちの方はかなり雨は激しくなっていましたが、それほどの渋滞もなく帰ってくることができました。

14839666130.jpeg

帰るまえに、SAさんが、今日は舐めますか?、とおっしゃるので、では帰り道にラブホによりましょう、というわけで東京へ帰る途中のICで途中下車して、ラブホへ行くことになりました。SAさんとはこれまで4回舐めさせていただいているのですが、結局まだ逝っていただけていなくて、そんなこともあって、普通にご飯でおあいしたりしていたわけです。なのでラブホは久しぶりで、まずはお風呂の方へ一緒に入りました。郊外のラブホなのでお風呂もひろくて、ジェットバスで泡泡のお風呂にして入りました。SAさんはまだ若いということもあるのでしょうけど、いちゃいちゃするのがお好きで一緒にお風呂に入るのもそんな流れですね。

お風呂を上がってガウンをきて一緒にベッドに入って、少し胸のあたりを舐めさせていただいたところで、布団を落として下のほうへ移動すると、脚の間に入らせていただきました。太もものところから脚の付け根あたりをゆっくりと舐めさせていただいて、それからひだの周辺を舐めていきます。これまで逝っていただけていないので、あまり逝くことばかりを考えずに、まずはSAさんの気持ちがよいように舐めさせていただくことにします。SAさんはふだんAVを見ながらオナニーをされるのですが、こうしてただ舐められているという状態で意識を集中しているのが難しくて、別のことが頭に浮かんできたりと、それもあってなかなか逝きにくいという風にお話してくれたのですが、まぁ、気持ちよくなってくればそのうち自然と逝くところまでいけるかなと思いました。

クリトリスを直接刺激すると痛いということなので、クリトリス周辺を舐めるときには包皮の上から軽めに舌をチロチロと動かして舐めていきます。ときどきペローンと舌を平たくして小陰唇全体を下から舐めあげたりもしたのですが、そうするとクリトリスに直接触れるようになってあまりよくないというのを忘れていました。それからはクリトリスの包皮の上から舐めるように集中しました。舐め始める前はクリトリスもすごく小さいのですが、感じてくるにしたがってだんだんと固いところが舌先で分かってきます。クリトリスの包皮のぎりぎりのところを舐めていると、少しヒクヒクとしてきて今までよりはいい感じで反応が得られているようです。

途中で休憩をしたりしましたが、時間が経つにつれてクリトリス全体もぷっくりとしてきて、少し舌を伸ばしただけではっきりとクリトリスが分かるようになってきます。無理に向いたりせずに、ぷっくりとした包皮の上をじっくりと舐めていると、またヒクヒクしてきて今まででは一番感じていただけているようです。SAさんもいつもオナニーで逝ける時に、2歩手前くらいまでは気持ちよくなって、あと少しで逝けそうな感じとおっしゃっていました。SAさんとしては挿入の方が気持ちいいことがあるとのことで、指も入れて欲しいとおっしゃって、指を挿入して舐めさせていただくことにしました。感じておられるからか、もともとそうなのか分かりませんが、SAさんの膣は締め付けがきつくて、指を入れるのもなかなかきついくらいです。

やはり指を入れても逝くところまではいけませんでしたが、膣の中ではもっと激しく動かしても大丈夫とのことで、指だけで奥の方でぐいぐいと動かしていると、SAさんもかなり感じておられる様子でした。そのあと、普通に挿入もしたいということで、少し触っていただいて元気になったのですが、さて挿入するというところで、固さが足りなくなって挿入できなくてちょっと申し訳ないことをしました。指を入れるのもかなりきついくらいなので、もたもたして固さが弱くなってしまうと入れにくいんですよね。SAさんとしてはクンニでいけなかった分、挿入したらどれくらい気持ちよくなれるか試してみたかったみたいなのですけどね。

14839666230.jpeg 14839666320.jpeg

結局、今回も逝ってはいただけなかったのですが、舐めていても今までよりは反応がよくなっていたので、私としてはそのうちに逝っていただけるときもあるのではないかな、と思ってはいるのですけどね。まだ20代半ばですから、そんなに焦らなくてもいいと思うのですが、SAさんとしては、やはりクンニで逝けるようになりたいという気持ちがあるので、ちょっともやもやした感じで今回も終わってしまったようです。

SAさんと温泉行きたいねとかいう話でもなければあまり出かけたりしないので、久しぶりに温泉にゆっくりと浸かったりできて、なかなか充実した連休でした。同年代の友達とかだと、温泉いいねぇ、とまでは話に出ても、遠いしねぇ、寒いしねぇ、とかいろいろ話しているうちに、また今度でいいかな、という流れになってしまうのですが、SAさんみたいに若いとなんだかほんとに行きたい感(今回は秘宝館ですが)がでているので、こうして実際に行くことになりました。そういうのも大切ですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/934-643c8d83