FC2ブログ
土曜日の夜は久しぶりにお泊りでの舐め犬をさせていただいて、朝から家に帰ってきたのですが、お昼からはITさんとお約束をしていましたので自宅のほうで舐め犬をさせていただきました。ITさんからはときどき連絡が入って舐め犬をさせていただいているのですが、気が付いてみると前回お会いしてからもう1年ちょっと間があいていました。継続してお会いしている気分でいたので、そんなにブランクがあるとは思いもしませんでしたが。

駅の改札で待ち合わせをしましたが、割と薄着をされていたので、寒くないですか、とお聞きしたら、寒いです、と言われたので、なんだかおかしかったです。寒さに強い人と私みたいに暖かくしていないと耐えられない人は、今日みたいに日が当たればそれなりに暖かい日はかなり服装も違ってきますよね。私は最近はマフラーをしていないと耐えられないです。途中で飲み物を買って家へ来ていただいて、リビングでしばしお話をしていました。仕事が少し似ているので、仕事の話をすることが多いのですが、最初にお会いしたころから彼氏は面倒だから作らないと今風な若者らしいことをおっしゃっていたのですが、今も彼氏は作らないでいるそうです。だからといって性欲がないわけではないので、こうしてたまにお会いして性欲を満たしていただいています。

14850979580.jpeg

しばらくお話をしたあとにシャワーを浴びていただいて、いつものようにバスタオルだけを巻いて出てこられたので、エアコンを付けた部屋へ入っていただきます。私が歯を磨いている間に、乾燥機をかけて暖かくなった布団の中に潜り込んで待っておられました。まだちょっと部屋はあたたまりきってはいない感じでしたが、布団をはいで、ITさんの脚の間に入らせていただきます。前回お会いした時にちょっと痩せましたねと言ったのを覚えていたのですが、さらにウエストが引き締まってスタイツのよい身体つきになられた気がします。仰向けになって寝ておられるとあまり気が付かないですが、四つん這いになられたときに上から見るとウエストとヒップのギャップがはっきりしてめりはりがよく分かります。太もものところから順番に脚の付け根の方へと舐めていきますが、そこでちょっとだけ声を漏らされたりしています。

脚の付け根のところから徐々に小陰唇のひだのところまで舐めていって、ひだのところに達するころにはかなり感じておられて、ひだの間に愛液もたっぷりと溢れています。毎回お会いする間隔は比較的長いほうだと思うのですが、お会いするたびに感じやすくなっておられるような気がします。クリトリスの上あたりを軽く舐めていると、脚を閉じ気味にして私の頭を太ももで挟み込むようにしてすでに逝きそうな雰囲気でしたが、まだ舐め始めてからそんなに時間も経っていないので、舐め方はソフトなまま続けさせていただきます。脚での締め付けも強くなってきたところで、舌でクリトリスを少し押すようにしていると、ITさんも腰を浮かせてややのけぞすような体勢になって、そのあとがっくりと腰を落とされたので、逝っていただけたのではないかと思います。

そのあとも逝きそうになってくると腰を浮かせて私の口がクリトリスのところにぴったりと重なるようにされて、ぐいぐいっと舐めていくと、逝ってしまわれるのが続きます。これまでは限界になると手をタップするようにされるのですが、ソフトに舐めているからか、逝かれた後にはしばし軽めにしているためか、今日はタップされるまでの時間が長めになったような気がします。ひとしきりM字開脚の姿勢で逝かれたあとは、上に乗りたいとおっしゃって、顔面騎乗で舐めさせていただきます。顔面騎乗だとITさんは気持ちのいいポイントを確かめるように少しずつ舌に当たる場所を変えて、一番気持ちのよいポイントを探されます。私は両手があいているので、アナルの周辺を指で軽く触ったりしてより気持ちよくなっていただけるようにします。

ふたたびM字開脚に戻ってまた何度か逝っていただいたところで、少し休憩をして、横に並んで胸を触らせていただきながらしばしお話などをします。ITさんは時々言葉なしで私の手を取って触って欲しいところへと導かれるのですが、もうなんだかあうんの呼吸みたいな感じで、今度はこっちですね、という感じで、胸から股間の方へお話をしながら手を動かしたりします。ITさんの身体のほうも落ち着いたきたところで再び舐め始めさせていただきます。

M字開脚で舐め始めたのですが、今日はITさんがこの後いろいろ体勢を変えたりされたので、さすがにどんな順番でしたかははっきりとは覚えられないのですが、M字開脚で逝かれると横向きになったりされるのでそれに合わせて舐めてみたり、うつ伏せになられたときはバックからアナルのあたりも含めて舐めさせていただきます。バックからだとアナルか膣のあたりを中心に舐めるのですが、時折腰を浮かしてこられるのでその時はクリトリスのところを刺激して逝っていただいたりします。たまに逝きそうになった時に指も挿入してほしいとおっしゃって、逝ってしまわれるまで指を入れたりもするのですが、少し恥ずかしそうに、いらないペンとかあったらお尻に入れて欲しい、とおっしゃるので、書けなくなったポールペンを見つけてきて、入れさせていただいました。入れながらクリトリスを舐めるのですが、軽く動かしているボールペンにアナルがきゅっきゅっと締るのが伝わってきます。今日撮らせていただいた写真にボールペンが写っていますが、それがITさんのアナルに入っていたボールペンです。

次は再び顔面騎乗になったのですが、その続きで身体の向きを反対にして、69の体勢で舐めさせていただいたりもしました。そのまま形を崩してお互い横になった体勢で舐めさせていただいたときは逝くときにITさんが私の太ももを握りしめながら逝かれました。どうも逝くときにしがみつくものがあったほうがよいのでそうされたみたいです。ITさんはそんな感じで、その時の気分でいろいろ体勢を変えながらクンニを楽しまれます。

14850979470.jpeg

後半になってから、舐めているとITさんが自分の指で股間を広げるようにされるので、クリトリスを直接舐めて欲しいということだと思って、できるだけ包皮でクリトリスをくるむようにしていたのをやめて、直接舐めさせていただくと、それまでよりもしっかりと逝っていただけたような気がします。逝かれた後すぐだとやはり直接舐めるのは刺激が強すぎるみたいで、そんな時はまた軽めに舐めて、逝きそうになるのを待ちます。クリトリスのほうもかなり固くなって、普通にしていると、先端が露出するくらいになっていますので、逝くときだけはしっかりとそこを舐めた方がいいみたいです。

かなりいろんな体勢で楽しんでいただいて、今日は満足です、となったところで終了させていただきましたが、シャワーを浴びに行かれる前に、ベッドの端に座って舐められたいということで、私が床におりて舐めさせていただきましたが、その時にはもう少し舐めるだけで逝ってしまわれるような感じでした。

シャワーを浴びて着替えてこられてから、まだ早目の時間でしたので、ITさんは用賀でラーメン屋で夕ご飯を食べるとおっしゃって店を検索されていました。私はラーメン屋へはほとんど行かないので、ご一緒はしませんでしたが、用賀の駅のあたりでITさんとお別れました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/938-c023474c