FC2ブログ
朝早くにMAさんからLINEで連絡をいただいて、今日の夜は空いていますか、とのことです。最近は仕事も夜遅くまでするほどでもないので、仕事帰りにお会いしてきました。いつもよりはちょっと遅い目の時間に待ち合わせしましたが、ラブホのほうも部屋は空いていて、すんなりと入ることができました。このラブホは部屋のレイアウトが各部屋違っているのですが、以前に入ったことがある部屋でした。MAさんがコーヒーを淹れてくださって、しばし近況などをお話してから、MAさんにシャワーに入っていただきました。入れ替わりに私がシャワーを浴びて、出てくるころにはMAさんが部屋の明かりの調整をしていい感じの暗さになっています。

MAさんは舐め犬の時に着ると決めているいつもの赤いスリップに着替えて、ベッドに入られたので、続いて私もベッドに入って脚を撫でさせていただきながら、掛布団を落とすと、さっそく脚の間に入らせていただきます。MAさんは私が軽く舐めるようになってから、それまでよりも逝く回数が増えたようですので、今日も軽めに舐めていきます。まずは、脚の付け根あたりに舌を平たくして密着させるとそのままゆっくりと下から上へと舐めていきます。脚の付け根を両側舐めた後は、ヘアーのあたりを舌で渡りながらまた逆の方向へ移動したり、徐々に小陰唇のひだとクリトリスへ近づいて行きます。MAさんも、最初にひだに舌が触れると、あ~、と声を出されますが、ひだの先端のところに沿って舌を上下させて、だんだんと舌とひだの触れあうところが広くなっていきます。少し肉厚なMAさんのひだの両脇に沿って舐めていると、ひだと舌が絡まる感触がいやらしくて興奮してきます。

14898126940.jpeg 14898126840.jpeg

ひだの両側を丹念に舐めたあとは、舌全体で覆うようにして、クリトリスのあたりに密着させるようにします。軽く舌を触れさせたくらいでゆっくりと動かしていくのですが、それがかなり気持ちがよいようです。時々は、ひだを口の中に吸い込んでみたり、クリトリスの上の包皮のところをチロチロと舐めながら気持ちよさを増幅させていきます。舌を乗せているだけで時々ヒクヒクするような感じになってきているのですが、まだまだ軽めに舐めさせていただくことにします。ぐっと舌を押し付けるようにするともう逝っていただけそうな感じなのですが、そのまま軽く舐めていると、逝きそうな状態が続くのに我慢ができなくなったのか、MAさんが指も挿入してほしいとおっしゃいます。いつもなら指の挿入などは後半になってからなのですが、今日はもう最初からって感じです。人差し指を挿入して舐め始めると、MAさんは腰を持ちあがて、声も大きくなって、今までにないくらい激しく反応をして感じておられます。少し落ち着いたところでお聞きしたところでは、MAさんは中でのほうが逝きやすいのだそうです。長いお付き合いですが、今まで知りませんでした。

普段は膣の中への刺激もあって、クリトリスでも逝けるのだそうで、クリトリスだけで逝けるのは私のクンニに出会ってからのことだとか。口を離してクンニを休んでいるときも、指を挿入したままにしていると、時々入口近くがきゅっと締ったりして、いろいろな動きをします。口に指を含まれているのと同じような感じでまとわりついてくる感触がすごくいやらしいです。挿入ありのクンニで激しく逝かれたので、そのあとはまた普通にクンニだけで感じていただきます。逝きそうな感じが続いたときには、MAさんの場合は乳首を触るようにするとすぐに絶頂に達してしまわれます。なのでクンニで気持ちはいいけどちょっともどかしそうにされているときには乳首を触らせていただいてしっかりと逝っていただくようにしています。逝かれた後もクリトリスはまだ固いままだったりするので、包皮でくるむようにしながらクリトリスをぐいぐいと押していくと、連続して逝っているような感じになるそうです。

クンニを続けているとMAさんが何かおっしゃったのですが、はっきりと聞き取れずにそのまましばらく舐めていたのですが、どうやらアナルとおっしゃったようで、舐めながら人差し指でお尻の割れ目の間に軽く刺激していくと、クンニだけの時よりも感じておられるようです。少し舌の方も押すようにしていくと、腰を浮かせながら私の髪の毛もつかんだりして感じておられて、私もアナルとところをキュッキュと押しながらな舐めて、そのまま絶頂を迎えられました。アナルは顔面騎乗とかで舐めさせていただいているときにはよく触らせていただいたりしますが、男性の私もたまに触られたりするとぞくっとするところですから、クンニと組みあわせるとかなり気持ちよいでしょうね。

何度か逝かれたあとは軽く舐めているだけでクリトリスも固くなってきて、そろそろというところで、乳首を触らせていただくとすぐに逝ってしまわれるようになります。最初のころは逝く間隔も長かったのですが、何度か逝かれた後は、あ~今日も気持ちよかったわ、とおっしゃってさばさばとした感じでクンニを終えていたのですが、軽く舐めるようになって逝く間隔も短くなると、時間になるまでじっくりと気持ちよさを味わっていただくようになった気がします。逝ったあとに軽く舌を触れていると、すぐにまた逝けそうな感じに気持ちよくなってくるので、そのままいつまでも気持ちよさを感じていたい気分になるのでしょうね。

今日も、逝く、とおっしゃってしっかりと逝っていただきながら、舌を離さないでいるとまだクリトリスの固さがあるので、それを包皮でくるみながら舌で押していくと、すぐにまた、あ~、と声をあげながら連続して逝っていただいて、ひとしきり逝ききっていただいたところで、舌を触れるだけにしているとまた気持ちよくなってきて、というのを繰り返します。お会いするのも遅い時間でしたが、休憩をはさまずに舐めていたところで、気が付くと結構遅い時間になっていましたので、そこでクンニは終了になりました。

14898126730.jpeg 14898126330.jpeg

最後にまた写真を撮らせていただきましたが、MAさんはいつも、どんなポーズがいいかしらね、とおっしゃって多めに撮らせていただいています。写真はLINEでMAさんにも全部お送りしているのですが、たくさんあるのでブログに載せるのをどれにしようかと選んでいるときも楽しいです。首から下の全身もとってみましょうということで、撮らせていただきましたが、MAさんは背も高くてすらっとしておられるので、赤いスリップがよく似合っていい感じに撮ることができました。

逝ったあとに軽く舌を添えているくらいにするのは、逝ったあとの余韻が引き続いてそのまま次の絶頂まで途切れなく気持ちのよい状態が続くみたいで、やはりこの舐め方が今のところ一番いいのかなと思っています。時間が来てしまったから残念だけど帰らなきゃね、という終わり方が舐め犬としてはなんだかとても嬉しい気がします。女性の気持ちよさには終わりがないので、いつもながらとてもうらやましいのですけどね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/954-3fa55859