FC2ブログ
毎日暑いですが、皆様元気にお過ごしでしょうか。ブログの更新も怠りがちですが、このところお会いする回数が若干減っていますので、舐め犬のほうはぼちぼちとお付き合いを続けている感じです。3連休を前にして、仕事帰りにMAさんとお会いしました。2週間ほど前にも同じ金曜日にお誘いをいただいたのですが、その時は用事があってお会いできなかったのですが、前回お会いした時と同じ職場の近くのラブホ(みたいなところ)が休憩でも予約が可能でとても便利なので、今回も当日ではありましたが、電話をしてみたところ空いているとのことで予約をしてMAさんと近くで待ち合わせをしました。

MAさんはこの暑い中でも元気な方で夏になったと思ったらすでにかなり日に焼けておられます。いつもはお決まりの赤いスリップなのですが、今回は見当たらなかったということで、初めていですが、白いシースルーのブラウスを持ってこられました。シャワーを浴びてからブラウスだけを着ておられたのですが、日に焼けておられるので白い色とのコントラストがとてもいい感じです。胸も透けているので、写真にしてみるとエッチな感じがいいですね。

15001303750.jpeg

ベッドで横になっていただいて、掛布団を落とすと脚の間に入らせていただきます。少し柔らくてぷにっとした太もものところに舌を当てて、脚の付け根のところまではむはむとするように近づいていきます。脚の付け根のところを舐めていると、MAさんから軽く声が漏れてきます。小陰唇のひだの周りをまんべんなく舐めているうちにひだの近くを舌が通るとMAさんの声もだんだんと大きくなってきます。じっくりと時間をかけた後に、舌をひだの上につんつんと触れさせていきます。多くの方はこの時の感触がとても気持ちいいとおっしゃいますが、MAさんとも途中でお話していてこの時は軽く触れているだけなのに逝きそうになるくらい気持ちいとのことです。男性もぱくっと完全に加えられる前に舌で触れるか触れないかという感じで舐められると妙に気持ちがよいですが、それと同じことなのでしょうね。

そのあとは舌を平たくしてひだの両側を舌を密着させながらゆっくりと動かしていきます。舐めていてもこうやって舌を密着させているのは微妙が動きが伝わってきたりしてかなり好きですね。女性の肌にいっぱい触れているという喜びもあるのだと思います。じっくりと舌の動きを感じていただいた後は、クリトリスの上あたりを舌で覆うようにしてクリトリスの大きさを感じます。同時に、舌先はひだの間に入って愛液が溢れているのを味わうこともできます。できるだけ包皮でクリトリスを包むようにしながらうねうねとソフトにクリトリスをほぐしていきます。MAさんのクリトリスはこの時にはすでにはっきりと大きさが分かるくらいに固くなっています。舌をゆっくりと動かしていると、クリトリスの下あたりに力がはいってひくっひくっと動き出すのがわかります。そうするとかなり感じていただいているのだなと思って嬉しくなるものです。

いよいよ感じてこられるとMAさんが少し腰を浮かすようにされますので、そうすると私の唇とクリトリスのあたりの触れる角度がちょうどいい感じになって密着するようになります。MAさんの腰を下から手で少し支えるようにしながら、舌が密着しているのを持続してると、MAさんの声も大きくなって、逝く、とおっしゃって絶頂を迎えていただけました。逝かれたあともそのまましばらくは舌を密着させながらクリトリスが固いのをほぐすように少し強めに押すようにしていると、MAさんは腰をくねらせるようにしながら絶頂感を持続されています。ひとしきり逝かれたところで、舐めるのもソフトにして軽く触れるだけくらいにして舐めていきます。

2回目の逝きそうになられたところで、MAさんが指も入れて欲しいとおっしゃるので、指を挿入してGスポットあたりを指先で刺激しながら舐めると、膣で指をぐいぐいと締め付けるようにしながら逝ってしまわれました。この時も、すぐには舐めるのはやめずに指を入れたままでクリトリスを舌で押すようにしていると、大きくのけぞったり腰をくねらせたりしながら、もうだめ、とおっしゃいながらもすごく感じていただいているようです。こういう時はちょっとSっぽくなって、絶頂感が続いている間はぐいぐいと舐め続けるようにしています。落ち着いたところでまたソフトもどって舐めていくのですが、何度か逝かれたところで、もうぐったり、ということで一休みすることにしました。

お会いして最初のころはこうしてひとしきり逝かれてからお休みをするとそのまま終了するようなことが多かったですが、MAさんがクリトリスで深く逝けるようになってからは、休憩のあともまたクンニを再開するようになっています。休憩のあとMAさんの脚をさすりながら再び下のほうへ移動して、舐め始めました。再び逝きそうになられたところで、腰を浮かしておられたので、アナルのところを指で軽く触らせていただきましたが、それがかなりよかったようで、絶頂にはやく達してしまわれたようです。逝っていただいている間もアナルを指で押すようにしたりしていましたが、クンニしながら挿入するのと同じで、クリトリスだけでなくて、乳首やアナルやそのほかの感じるところも一緒に愛撫すると逝き方も深くなるみたいですね。

15001303400.jpeg 15001303060.jpeg

逝く回数が増えれば増えるほど逝くときの深さも深くなってより強い絶頂感を迎えることができるのでしょうか、何度か逝かれたあとに、元気なMAさんもさすがに、もうぐったりしてかえれなくなっちゃう、とおっしゃるので、ここでクンニは終わりにさせていただきました。MAさんとはもう何度もお会いしているわけですが、最近は特に舐めている時間も長くなりましたし、普段は上品にされているMAさんの逝くときの乱れ方も激しくなってきている気がして嬉しいことです。

終わった後はいつもたくさんポーズも考えながら写真を撮らせていただいて、LINEからMAさんにも全部お送りしているのですが、今回はあたらしい白いブラウスということで、乳首が透ける感じもエッチでいいでしょ、ということで上半身までの写真を撮らせていただきました。以前にお会いしていた別の女性の方からMAさんは何故脚がツートンカラーになっているの?、と聞かれたことがあって、今回は日に焼けて一段とはっきり色の違いがあるので、見ている人もまたそんな風に思うかもしれませんねとか話をしながら楽しく写真をとらせていただきました。

ここのホテルは職場から近いのでかなり便利です。いわゆるラブホの隠微な感じはないので、そういうのが欲しいときにはちょっと残念ではありますが、休憩で予約ができるってなかなかいいですよね。こういうラブホが増えるといいかもしれません。昔は映画館は行ってみないと入れるかどうかわかりませんでしたが、今は予約してから行くのが当たり前になっていますし、ラブホもそうなっていきそうですよね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/967-ed1d8d1b