FC2ブログ
梅雨が明けたら毎日暑すぎて嫌になりますね。子どもたちはもう夏休みに入ったみたいで、いいなと思いつつも、最近は夏休みって8月末まではないというのを最近知ってびっくりしています。今日はYMさんとお会いしました。かなり前に連絡をいただいて一度お会いする約束はしたのですが、生理になってしまわれてその時はお会いできませんでした。それからまた連絡をいただいて、中間地点あたりで待ち合わせをしてお会いしました。20代後半の女性の方で、お会いするとやや背の高めのスタイルの良い明るそうな方でした。

メールをいただいた時に経験はそんなに多くはなくて、セックスの時を気持ちいいと感じたことがあまりなく、逝ったこともないと書かれていました。お会いしてからオナニーとかでは逝ったことは?とお聞きしたところオナニーはしないとのことで、ほんとうに逝くという経験をしたことがないと分かりました。それはぜひとも逝く気持ちよさを体験していただきたいと思いつつも、逝っていただけるかなと、ちょっとプレッシャーも感じていました。緊張はされているとおっしゃっていましたが、ふつうによく話してくださって、私のほうの緊張はなくなって、ホテルにはいるとさっそくシャワーを浴びていただきました。下着はどうしましょう、とおっしゃるので、どちらでも構いませんがどうせ脱ぎますからね、というわけで下着は付けずにガウンを上に着て出てこられました。

15007214970.jpeg 15007215080.jpeg

部屋を暗めにして、ベッドの横になっていただいて、最初は少し脚を触らせていただきました。それから脚を少し広げてその間に入らせていただきます。脚は細め(多くの女性と同じくご自分でそんなことはないとおっしゃいますが)ですが、しまって張りのある感じです。太ももの内側から少しずつ脚の付け根の方へ唇を触れさせながら進んでいきます。緊張されているので、ほぼじっとされて舐めるに任せる感じでしたが、ヘヤーがふわふわして柔らかいな、と思ったら脱毛とかを受けたりされたそうで、そのあとに生えてくるのは柔らくなりますね。小陰唇のひだの両側をゆっくりと舌で上下させるところで、少し声を漏らされて反応がありました。

逝かれたことがないので最初はゆっくりと時間をかけて舐めて緊張をほぐしつつ、徐々に感度をあげていただければいいかなと思い、ゆっくりとひだの周りからクリトリスの周辺もソフトに舌を乗せながら舐めていきました。ひだの間にも舌を入れてみると膣の周辺には愛液が出ていて、少しその味わいを感じることができます。クリトリスは舐め進めているうちに普通に固くはっきりとした形になってきましたし、ひだの方も充血して少しふっくらしてきましたので、比較的感じやすい身体をされているのではないかと思ったりしていました。どれくらいの強さにすればよいか最初はいつも探り探り舐めているのですが、大きくなったクリトリスを包皮でつつむようにしながら、時折、少し舌全体で押すようにしたりして反応を見ながら舐めていきます。YMさんはやはりまだ静かに舌の感触を味わっておられる感じです。

クリトリスの周辺を舐めているときに、ちょっと下のほうを舐めていると、YMさんも少し声を漏らして気持ちよさそうにされているので、そのあたりを舐めるようにしていると、YMさんの脚にも力が入ってきて、呼吸も荒くなり、これは逝っていただける感じになってきたかなと、少し強めにクリトリスを押すようにして舐めます。YMさんの力む感じもそのまま続いていたのですが、逝くところまではいたらずに、力みも緩んでいきました。後でお聞きしたら、その時は気持ちはよかったそうです。(身体も反応されていましたし、声も出しておられたので、そうだとは思いましたが)。ちょっと落ち着いてきてしまったので、また全体を舐めるようにしながら時々ちょっと押すようにして様子をみていましたが、もう一度同じようにYMさんが身体を力ませて呼吸を荒くされる時がありましたが、やはり逝くまではいたらず、少し休憩をさせていただきました。

お茶などを飲んで水分補給をしながらお話とかしていましたが、お会いした時もYMさんがあまり経験はないのにそんな風に見られないとおっしゃっていて、確かにちょっとエッチな感じの身体つきをされていて抱きしめたら気持ちよさそうなんですよね。もう少し痩せたいとはおっしゃっていましたが、男性からすると今でちょうどいい感じな気がします。休憩を終えて再びクンニを始めましたが、その前は脚を伸ばした感じで横になっておられたのですが、ひざを立てていわゆるM字開脚で休憩後は舐めさせていただきました。舐めだしてすぐに気持ちよくなって来られたのか太ももで私の頭をしっかりと挟むようにされて、呼吸も荒くなって感じてきておられます。それがずっと続く感じでほとんど逝ってもよさそうな感触ではあったのですが、そのまま舐め続けます。

15007215210.jpeg 15007215320.jpeg

これ以上強くするのも痛くなってはいけないしと頭を挟まれている感じが気持ちいいなと思いながら舐めていたところで、胸も触らせていただこうかなと思いました。若い方はあまり胸が感じなかったりするので、触らなかったのですが、腕を伸ばして乳首をガウンの上から軽くさするようにすると、反応も大きく変わって頭を挟む脚にも力が入ってきて、ここでぐいぐいと舌をクリトリスに押し付けるようにしたところ、それまでよりも大きな声であ~とおっしゃって逝っていただくことができました。そのままクリトリスを押し続けているとその間も身体をこわばらせながら声をあげておられて、クリトリスもややしぼんできたところでYMさんの力も抜けてきたので舌をはずしました。YMさんはそのまま横になって余韻を感じておられましたので、私はYMさんの身体を触ったりさせていただきました。逝った経験のない方に逝っていただくのは舐め犬を長くやっていてもそんなに多く体験できることではないので、なにか私としても達成感があってとても満たされた瞬間でした。

一度休憩をはさんでお話とかしたのでそれで緊張もほぐれたというのもあるのでしょうけど、やっぱり胸を一緒に触るのはかなり違いがあることを実感しました。胸もそうですが、MAさんは腰をしっかりとつかまれて舐められたのもまた拘束される感じがあってよかったとおっしゃいました。まだ時間もありましたので、少しお休みをしてから、再びM字開脚で舐めさせていただきました。まだこうすればMAさんは逝けるというポイントははっきりはわかりませんが、少し強めに舐めてもMAさんは大丈夫そうで、クリトリスの下あたりを舐めていくと、急に感度が上がっていくようです。今度はできるだけ身体の方も触らせていただきながら舐めていきました。逝きそうな感じには割とすぐになるのですが、いろいろ探りつつ舐めてまた逝っていただいた時と同じように身体をこわばらせてこられたので胸にも手を伸ばして刺激したところ、2回目も逝っていただけました。

余韻を感じておられる間に身体を触らせていただいているとそれも気持ちよさそうにされているので、胸の方も舐めさせていただいたところ、MAさんも声を少し漏らしながら気持ちよさそうにされていました。身体の方を舐めさせていただいてもっと余韻を気持ちよく過ごしていただこうとしたところで、セットしていたアラームが鳴って時間となってしまいました。ブログを写真もこころよく承諾していただけたので、そのあと写真を撮らせていただきました。

逝かれたあとはベッドで横になってしばらくぼーっとした感じになっておられましたが、なによりも初めて逝く経験をしていただけて、舐め犬していてよかったなという日でした。MAさんにはクンニだけでなくてこれからはもっとセックスについても気持ちよさを知っていただいて、男性とのお付き合いを楽しくしていただければいいなと思います。舐め犬に病みつきになってまたお誘いいただければそれはまた私としては嬉しいことですが。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/968-fdbe87ad