FC2ブログ
昨日はものすごいゲリラ豪雨でびっくりしましたが、本日はROさんとお会いしました。ブログを見ると久しぶりな感じなのですが、そんなに間が空いていたかと思います。実は、お盆に入る前に今日のお約束をしたのですが、その時は私にメールをしながら我慢できなくなってきたので、時間があればちょっとだけでもということで、ROさんがお仕事帰りに自宅の方へ寄ってくださって、少しだけ舐めさせていただいたのでした。ROさんはいつもクンニをされるのが楽しみで仕方がない感じできてくださるので、舐める側としても嬉しく思います。

今日はお昼くらいに自宅まで直接来てくださいました。タイ料理のお昼ご飯を持って来てくださって、一緒にいただきながらしばしリビングでお話をしました。ROさんはお会いしたころに舐め犬にはまってしまって何人かの舐め犬さんとお会いしていたのですが、ちょっと熱が醒めて落ち着いていたのですが、またまたクンニ熱が盛り上がってきたそうです。いろいろな舐め犬さんと会ってそれぞれの舐め方の違いとか試すのも楽しいかもしれないですね。

食事が終わってからシャワーと浴びていただいて、寝室へ移動しました。そこで以前に買ったレッグウォーマーみたいなのをお見せしてつけていただきました。ROさんは寒い時期はストッキングを持参されて冷えるからとはいておられたので、これを買ったのですが、ようやく欲していたご本人にはいていただくことができました。あまり色気はないのですが、モフモフした感じではき心地はいいのではないかと思います。

15032432140.jpeg

ベッドに横になって期待に胸を膨らませているROさんの大きく開いた脚の間に入らせていただきます。いつものように太もものあたりから脚の付け根へと舐めて、小陰唇には触れないように脚の付け根のところを舐めていると、焦らす~、とおっしゃって、舌がひだに触れるのが待ち遠しくて仕方がないようです。ひだに舌が触れると安心したのと気持ちがよいのとで、あ~、とおっしゃいながら感じておられます。ROさんは割と逝きやすいのですが、できるだけ逝くのを引き延ばしたくて、力が入らないように気を付けながら逝くのを我慢されます。クリトリスは順調に固さをもってきて、舌で全体を覆うようにしていると、腰を浮かせて私の口へ押し付けるようにされますが、感じてくると声はあげつつも、時折呼吸を整えて逝かないように脱力されています。

私もあまり無理に逝っていただくよりはそれまでの過程を楽しんでいただくのも好きですので、ひとしきり盛り上がったあとにはちょっと舌を緩めて軽く舐めるようにして、逝くのを引き延ばします。それでも、クリトリスの方はどんどんと固さを増して、ひだの間から頭をのぞかせるようになってきます。クリトリスの下あたりがやはり一番感じるポイントですので、そこをしっかりと刺激しだすとROさんも逝かないように脚をあげたりしながら耐えつつ、気持ちよさを楽しんでおられます。このころになると少しでも身体に力が入ると逝ってしまいそうになるとのことです。

何度も山を迎えはしたのですが、なんとかこらえておられて、もうクリトリスも先の方に舌をふれるとヒクヒクとしてしまうようになっています。最後にはさすがに我慢の限界になって、脚を伸ばしてちょっと力んだところで、逝く、とおっしゃって身体を硬直させてたまましっかりと逝っていただきました。逝っておられる間も舌をぐいぐいと押し付けるようにしていましたので、その間はずっと脚を伸ばしたままで固まってしまって、あ~、と声も出しながら快感に浸っておられました。私が舌を離したところで脱力して、横向きになると激しくなった息遣いを落ち着けるようにしばしじっとされていました。これだけ逝かないように我慢した後の絶頂ですからさぞ気持ちよかったのだろうなと思います。

しばし横になってお話をとかしていましたが、ここで買ってきていただいたアイスクリームを食べて一休みすることにして、リビングへ移動しました。ひと汗かいた(?)あとの甘いものはやはりおいしいですよね。ゆっくりお話などをしてから再び寝室へ戻って舐めさせていただきます。2回目もやはりROさんは逝かないように我慢されながら舐められていましたが、クリトリスの方は舐め始めたところからすでに固くなっていて、私としてはどんどん刺激していくことにしました。ROさんのクリトリスがひだを押し上げるように固くなって先が少し出ているのですが、できるだけ包皮でくるむようにして、下の方を舐めるととても感じていただけるようです。軽くクリトリスを直接刺激してみたり、包皮でくるんでおいて少し強めに押すようにして舐めたりを繰り返していきます。

またまた何度も山を迎えつつ逝くのは我慢されていたのですが、最後は溜まっていたものを全部吐き出すように大きな声をあげながら逝っていただきました。逝ききっていただいた後は、横を向かれて呼吸が整うまでじっとしておられます。落ち着いてきたところでベッドに横になりながらまたお話などをしていたのですが、まだ時間もありそうでしたので、もう少ししましょうか、と再び舐めさせていただきます。今回はもう我慢することもなく逝けるところで逝っていただいたのですが、10分くらい経ったところで、私の頭を挟むように脚をのばして身体を硬直させながら逝かれました。ROさんはスポーツをされているので、ムチムチした太ももも筋肉がしっかりとあってその太ももでしっかりと挟まれながらしばらく口を離さないようにして逝っていただいているのは気持ちがよいです。

15032432240.jpeg 15032432350.jpeg

クンニが終わってからリビングへ戻ってROさんはお昼のお弁当をとってあったので、それを食べて、私は残っていた春巻きをいただきました。スポーツをされているからでしょうか、逝かれた後は結構激しく息をしながら横になっておられるのですが、少し経つとすっきりしたさわやかな感じでお話などをしておられます。逝くとすっきりするという方とやはりちょっと疲れてぐったりしてしまう方と人それぞれ逝った後は違うものですね。ROさんの感じだと時間さえあればいくらでもOKな感じがします。

クンニ熱にも再び火が付いたようで、また来月も来てくださるということですので、楽しみに待っていたいと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/977-3a911763