FC2ブログ
夏休みも半ばを過ぎたころにNIさんから連絡をいただきました。NIさんも平日の昼間が都合がよいとのことで休みの間にお会いすることになりました。今日は暑さが本格的に戻ってきてしまって、かなり暑かったですね。NIさんは40代の女性の方なのですが、お会いしてみるとすらっと背が高くてきりっとした感じのきれいな方でした。お話をしながらラブホまで向かったのですが、話し方もきりっとした感じです。お酒がお好きとのことで最初はお酒を買っていきますとおっしゃっていたのですが、冷えたのがなかったので、それはやめて、途中のコンビニでお茶と水を買うことにしました。私はもともと舐め犬の時にはお酒は飲まないのですが、初対面の時には緊張もあるのでお酒を召し上がる女性の方はたまにいらっしゃいますね。

ホテルの部屋に入って少しお話をしたところNIさんはこのところ性欲が高まっているとのことで、性感マッサージとかもいくつか体験してみたそうなのですが、あまりしっくりとはこなかったようで、たまたまこのブログをご覧になって連絡をいただいたそうです。汗も引いて落ち着いたところでNIさんにシャワーを浴びていただきました。入れ替わりに私もシャワーを浴びって、ベッドに入っていたNIさんにベッドの真ん中に移動していただいて、脚の方を触らせていただきます。いつものように脚の間に入らせていただこうとしたのですが、上からの方がよいとのことでしたので、胸の方から舐めさせていただくことにしました。最初はガウンの上から乳首のあたりと軽く触らせていただいていたのですが、そういうこと、とNIさんがおっしゃいます。実はお話をしていたときに男性はAVの見過ぎかやや乱暴に触る人が多くてそれを女性は求めていないとおっしゃっていたこともあって、私が軽く触っていたのに納得されたようです。

15035680180.jpeg 15035680380.jpeg

ガウンのボタンをはずして胸をあらわにすると、乳首を舐めさせていただきました。乳首だけを舐めていてもNIさんの感度がよいことが伝わってきます。両方の乳首を舐めた後に、徐々に下へ降りていって、ヘアーの周りまでたどり着いたところで、脚の間に入らせていただきました。太もものところから脚の付け根へと舐めていきましたが、脚の付け根を小陰唇のひだには触れないようにして上下になめているところで、あ~、と声をあげられます。少しじらすようにひだの周りをゆっくりと舐めた後に、ひだに直接舌をのせると、さらに大きな声をあげて感じておられます。ひだのところもやや舌の方が感じるようで、口の中にするっと吸い込むようにすると気持ちよさそうにされています。

ひだの両側を上下に舐めた後にクリトリスのあたりを舌で覆うようにして舐めていきますが、その間ずっと声を出して感じておられます。NIさんはもともと声をよく出す方なのだそうですが、声を聞いているだけでどのあたりが気持ちがよいのかがよくわかります。そんなに時間もたたずにかなり気持ちよくなられたのか脚を閉じて太ももで私の頭を挟むようにして感じておられます。太ももで挟まれるのって気持ちよいのですよね。少し強めにぐいぐいっと押すようにしていみましたが、まだ逝ける感じではなかったようです。そのあと、NIさんはうつ伏せになって後ろから舐めて欲しいとおっしゃるので、NIさんが四つん這いの体勢で舐めさせていただきました。クリトリスのあたりからアナルのところまでペロンと舐めたりしていたのですが、そのあとは腰を落として、お尻を舐めて欲しいとおっしゃるので、アナルを舐めていたところ、アナルではなくてお尻のほっぺたとのところでした。そこから、太ももの内側まですーっと舐めると気持ちよさそうにされています。

そのあと、NIさんは起き上がると私を胸に抱きかかえるようにされるので、起き上がったまま乳首を舐めさせていただきます。そのまま今度は、NIさんが上になって通常の顔面騎乗とは反対の69の体勢になりました。ここでだんだんと感度の上がってきたNIさんは私の口にクリトリスのところを擦り付けるようにされていたので、ちょっと強いかなと思いつつ舌でクリトリスを直接刺激するようにしていたら、腰の動きも激しくなって最後にはしっかりと逝っていただけました。逝っておられる間もクリトリスを舐めていたのですが、ずっと気持ちよいみたいで、あ~、と声を上げ続けられて逝き続きておられました。逝かれたあとはしばしぐったりとしてベッドに横になっておられます。私は横で胸のあたりを触らせていただきながら、しばらくお話をさせていただきました。かなりしっかりと逝かれて、これだけでももうかなり満足されたような感じだったのですが、まだまだ時間もありますので、また少し舐めさせていただくことにします。仰向けになっていただいて、ゆっくりとクンニを始めます。

舐め始めてすぐにも、気持ちいい、とおっしゃって、完全に身体中の感度が高まってしまわれたようです。ほんとに軽く舐めているだけなのですが、NIさんの声も徐々に大きくなって、また逝きそうな感じになってきます。先ほどNIさんが上になって逝かれたときにはかなり強くクリトリスを擦り付けておられたので、強くしても大丈夫かなと思い少しクリトリスを直接舐めてみることにしてみました。そうすると、声のトーンもすぐに上がって、NIさんが腰を浮かすようにして、感じておられます。また逝っていただけそうかなと思い、クリトリスの下のところを少し強めにぐいぐいと刺激したところ、再び逝ってしまわれました。この時も、私が口を離さずにクリトリスが完全にしぼんでしまうまで、先のところを舐めているとその間中ずっと声をあげて逝きつづけておられる感じでした。途中で、もう変になりそう、とおっしゃいながらまだまだ感じておられたのですが、しっかりと逝ききってしまったところで脱力されて、再び余韻を感じながらぐったりと横になってしまわれました。

15035680580.jpeg 15035680750.jpeg

横になっておられる間はまた胸のあたりとかを触らせていただきながらお話などをさせていただいていましたが、もうどこを触っても気持ちがよい状態になってしまわれたみたいです。少し落ち着いたところで、まだまだ時間はありましたので、逝かないように軽めに舐めてみますね、とクンニを再開してみましたが、軽く舌を触れるくらいで、おかしくなりそう、とおっしゃいながら身体は脱力されたままでクリトリスもふんわりとしていましたので、これは本当にもう限界かなと思ってクンニは終わらせていただくことにしました。

帰ってからNIさんからメールをいただいて、気持ちよかった、とか、満足した、というよりも、生きててよかった、との感想をいただいて、舐めさせていただく私としてもとても充実感のある舐め犬体験でした。NIさんはもともとエロなことには興味が強かったそうで、それと最近の性欲の高まりもあって、いろいろ試してみたいとかおっしゃっていました。見た目はきりっとしてどちらかというと清楚な感じに見えるのですが、そんな女性がいろいろエロいことを考えているというのがギャップがあって興奮しますね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/978-3431aafc