FC2ブログ
ブログの更新が遅くなってしまいましたが、金曜日の夜に再びYJさんとお会いしました。毎週お会いしている感じで、ブログのほうもYJさんとの舐め犬が連続していて、ご本人もちょっと恥ずかしいとはおっしゃっていましたが、今まではクリトリスで逝くということがなかったので、新鮮な快感にちょっとはまっておられるのでしょうか。少し遅い時間からでしたが、自宅まで来てくださるので、仕事から帰って一休みしてYJさんをお待ちしました。もう自宅までの道も分かったとのことで、駅から直接来てくださいました。よく迷う方がいるのですが、とくに迷わずにたどり着けたみたいです。

リビングでちょっとお話をしていたのですが、すでに夜も遅かったのでそろそろということで、シャワーを浴びていただきました。いつものようにバスタオルを巻いて出てこられて、代わって私がシャワーを浴びてから寝室へ移動しました。毎週お会いしているともう慣れたもので、ベッドに落ち着いて横になっておられるところへ、私が脚の間に入らせていただきます。逝きやすい方ですので、今日も時間は少ないですが、初めはゆっくりと舐めさせていただくことにします。

15067341810.jpeg

太ももから脚の付け根まで舐めて、脚の付け根のあたりを舐めているところで、すでに身体がピクピクとなっています。それからひだのところに舌を乗せるようにして軽く舐めていたところ、先ほどシャワーをしたばかりなのですが、これまでになく愛液が膣の入り口のところから溢れているのに気が付きました。生理前で性欲が高めだからたくさん濡れているのかと思ったのですが、生理前ということではないそうで、慣れてきてリラックスできるようになったということのなのかも知れませんね。

軽く舐めているのですが、クリトリスもすぐに大きくなってきて、あまりそこばかりを舐めていてはよくないと思って、膣の入り口あたりを舐め始めます。YJさんは膣のところを舐めるのもお好きなのでかなり声も大きくなって感じておられるのですが、徐々に舌を膣の中へも差し入れるようにして入り口をゆっくりとほぐしていきます。かなりじっくりと舐めたあたりで、クリトリスの方へ戻って包皮の上から軽く舐めていきますが、膣への刺激で感じてしまったみたいで、舌の動きに合わせて腰を少し浮かせるようにしてクリトリスが下から離れないようにされます。続けて舐めていると、太ももを閉じるようにされて逝ってしまわれました。

逝かれるときはある程度舌で押すようにした後は舌を離すようにするのですが、YJさんはそこで上半身をのけぞらせるようにして、身体がガクガクと震えて、しばらくそんな状態が続くのでそれが治まるのを待ちます。身体が落ち着いたところで再び舐め始めますが、1度逝ってしまうとそのあとはすぐにまた逝きそうになってしまって、同じように身体をのけぞらせて身体をガクガクとして絶頂を迎えられます。3回目くらいで限界になったところで一休みすることにしました。

お休みしているときは私も横にならんで少しお話とかをしていますが、そろそろ落ち着いてきたかなというところで再びクンニを始めます。クリトリスも大きさを保ったままですし、舐め始めてすぐにもう逝ってもおかしくないくらいに感じておられます。お休みをする前と同じくらいに感じてこられたところで、そろそろまた逝かれるかなと思って、舌を離してみようかなと思っていると、YJさんの方からクリトリスを私の舌に押し付けるようにされるので、まだまだかなと思いそのまま舐め続けていきます。かなり長めに舐めているのですが、また逝きそうになられたかなと思ったところで、やはりクリトリスを押し付けるようにされるので、逝きそうなタイミングだったのですがそのまま続けて逝くことになりました。

15067341640.jpeg 15067341920.jpeg

気が付くともうかなり長い間続けて舐めていることになりましたが、いよいよ最後に舌を離してみると身体をのけぞらせてガクガクと身体を痙攣されていました。私としてはYJさんがクリトリスを押し付けてくるのでまだまだ舐めて欲しいということだと思って舐め続けていたのですが、YJさんとしては、いつまで続くんだろう、と思っておられたそうで、最後に口を離した時にはもう限界状態だったようです。あまりに長い時間高いレベルで気持ちよいのが続いてしまうとちょっと変になってしまうとのことでした。

途中で膣のあたりも舐めたのですが、その時にはもう膣の締り方が半端なくて舌も入りそうになくてはじき返されてしまうくらいでした。なので、いままでは挿入も試していましたが、さすがに挿入は無理そうだなと思って挿入をトライするのはやめておきました。時間もかなり遅くなっていましたし、そこで舐め犬のほうは終わりになりました。やはりちょっと足取りがおかしかったですが、シャワーを浴びに浴室へ入っていかれました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/988-a0a5e95c