FC2ブログ
昨日になりますが、ROさんとお会いしました。メールで連絡をいただいた時に、1か月我慢しました、と書かれていて、クンニを楽しみにお待ちいただいていたことが分かって嬉しいですね。お昼過ぎにROさんがお昼ご飯を買って自宅まで来てくださいました。買ってきていただいたお昼ご飯を温めて一緒にいただきます。食べながらお話をしていましたが、食べ終わってからもいろいろとお話しているうちに時間も経ってしまいましたので、そろそろということでシャワーを浴びていただきます。今日は薄いピンクのスリップで出てこられました。

寝室の方へご案内して、クンニを待ち遠しそうにされているROさんの脚の間に入らせていただきます。ROさんはこのところ力むと逝ってしまうので、できるだけ身体に力が入らないようにして逝くのを我慢しておられますので、無理に逝かせることがないように、今日は最初から軽く軽くを心がけてゆっくりと舐めさせていただくことにします。太ももから脚の付け根へ舐めていき、小陰唇と脚の付け根の間をゆっくりと舐めると、ROさんも舐めやすいように脚を大きく広げて、舌の感触を味わっていただきます。小陰唇のひだに舌を触れさせると、そこは入念にひだの先のところに軽く触れる程度にして上下に舌を動かしていきます。舌をひだの間に差し入れる前から、隙間から愛液が溢れてきています。

15068643090.jpeg

クリトリスの形がはっきりとしてくるまではひだの周辺をゆっくりと舐めていきます。ときどき、クリトリスの包皮の先端のところを舌先でちろちろと舐めると、ROさんも声を少しだして感じておられます。そのあとはまたソフトにひだの周辺から全体に舌をぺたんと付けながらゆっくりと密着しているひだのところをうねうねと動かすようにしていきます。ソフトに舐めていたのもありますが、ROさんは途中で気を失ったみたいに少し眠ってしまわれたみたいです。私はそのあいだも舐めていて、クリトリスも大きくなってきていたので、ROさんが気が付かれたときは、いきなりの快感に急に大きな声になって感じておられます。

クリトリスの大きさも程よいくらいになってきましたので、包皮にくるんでその上から少し刺激をしてみることにします。舌先で固くなったクリトリスの先端を感じながら、その少ししたあたりを刺激していると、ROさんも逝ってしまわないように、大きく呼吸をして身体を落ち着かせておられます。ここでぐいぐいと押すようにすると多分逝ってしまわれるので、同じくらいの調子で、クリトリスをくるんだ包皮の上を舐めていきます。ROさんも逝ってしまうところまではいきませんが、ときおり大きな声をだして感じておられて、その時にはクリトリスもややしぼんでいくようになっていますから、無理に逝かないようにしていなければ逝ってしまっていたところなのだろうと思います。

大きな声をだして感じることが何度かあったあとに、いよいよ快感も絶頂に近づいてきて、ROさんも、身体に力がはいっちゃう、とおっしゃってだんだんと脚を伸ばして太ももで頭を挟むようにして逝きそうな感じになっておられます。ここで、舌をぐいぐいっと強めにクリトリスの上で押すようにしているうちに、最後にはしっかりと逝っていただきました。逝っていただいている間もしばらくは口を離さないでクリトリスがしぼんでしまうまでしっかりと刺激していきます。いよいよ限界になったところで、ROさんが股間を私の口から離して横になると、呼吸を落ち着けながら余韻に浸っておられます。

ROさんの呼吸も落ち着いてきたところで、買ってきてくださったアイスクリームをいただくことにして、しばしリビングのほうでお話をしていました。クンニに関すること以外もいろいろとお話をゆっくりとしてしまいましたが、夕方も近づいてきましたので、再び寝室の方へ移動してクンニを再開することにしました。

かなりゆっくりと休憩をしてはいましたが、舐め始めてすぐにクリトリスもぷくっとしてきましたので、包皮に包んだままのクリトリスのところを軽く舐めて気持ちよくなっていただきます。舌を平たくして全体を覆うようにしているときには、ひだの中の尿道のあたりに舌が当たっていると気持ちがよいみたいで、そこに舌を密着させながら全体にゆっくりと舌を動かしていきます。こうして逝かないようにソフトにゆっくりと舐めていると、クリトリスが痛くなったりすることもないですし、時間をかけて楽しんでいただくときにはいいのかも知れないです。

15068643260.jpeg 15068643380.jpeg

だんだんとまた逝きそうな感じになってきたところで、少しぐいぐいっと力をいれて舌で押すようにしてみると、太ももで私の頭をしっかりと挟んで逝ってしまわれました。そこでまた余韻を楽しむように横になっておられるところで、また軽く舐めさせていただいて、クンニを初めてみました。かなりソフトに舐め始めたのでそんなに無理な感じでなく始まりましたが、すぐに普通に気持ちよさそうにされて、今回は無理に逝かないようにすることもなく、逝きそうになったら力が入ってそのまま逝ってしまわれました。

我慢しなければ割とすぐに逝ってしまわれるくらい感じる方なのですが、こうして我慢できるぎりぎりまで我慢してから思い切り逝ききるとかなり気持ちがよいのではないかと思ってしまいます。余韻を楽しんでいただいたところで、ちょうどいいくらいに時間になっていましたので、これでクンニは終了になりました。ご飯をたべたり、おやつを食べたりしているので、お会いしている時間に比べると舐めている時間はそれほど長くはないのですが、こうして深く逝っていただいて、まったりと時間を過ごすのはいい感じです。自宅までは直接来られましたが、ご飯の買い物などがあるので、帰りは一緒に家を出て、駅までお送りしてお別れしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/989-5b3bbe82