FC2ブログ
仕事帰りにAYさんとお会いしました。先月に久しぶりに連絡をいただいたのですが、その時には不覚にも風邪をひいてしまって、クンニをさせていただくことができなかったのですが、再び連絡をいただいてお会いすることになりました。寒くて雨続きの先週でしたが、お会いした日は1日だけ雨も止んでちょうどよかったです。待ち合わせ場所からラブホへ向かって、部屋もそんなに混んでいなかったのですんなりと入ることができました。ロビーのところでサービスのケーキとコヒーをいただいて、部屋に入りました。寒くなるとラブホの暖かい部屋に入るとホッとしますね。

ケーキをいただきながらしばしお話をしてから、AYさんにシャワーを浴びていただきました。代わって私がシャワーを浴びて出てきて、ベッドの方へ移動します。AYさんとは前回お会いしてから5か月ほどたってしたので、ちょっと緊張する、とおっしゃいながらベッドに入られました。太もものあたりを触られていただいてから、脚を広げていただいてその間に入らせていただきます。太ももがややムチな感じで、脚の間に入らせていただくと何だかしっくりとくる感じで、落ち着きますね。

15083298580.jpeg

AYさんは最初にお会いした時から何度も逝ってしまわれる方なので、やはり最初は軽くソフトに舐めさせていただくことにします。太ももの内側から脚の付け根の方へと舐めていき、小陰唇のひだの両側をゆっくりと丹念になめます。そして、いよいよひだのところへ舌を乗せるようにして、軽く上下になめていきます。脱毛も終わったところということで、クリトリスの上あたりに少しヘアーを残して後はツルツルの状態です。私はヘアーが処理されていないのもエロい感じがして好きですが、舐められる女性からするとツルツルにしておいた方が舌の感触がそのまま伝わって気持ちいいかも知れないですね。

ひだの上をゆっくり上下に舐めたところで、ひだを押し開くようにして中へ舌を入れていきます。最初にひだを開くときには愛液がたまっているとそれが溢れてくるのがちょっと興奮します。ヘアーを脱毛するとひだが邪魔でもっと短くならないかな、とよくお会いする女性の方もおっしゃるのですが、普段ちょうどふたをするように合わさっているのを開く感じで舌を差し入れられるくらいにはあった方が私なんかはいいんじゃないかと思うのですけどね。それから、舌全体で小陰唇を覆うようにしてゆっくりと舌を動かしていきます。

AYさんは舐めていると結構汗をかかれるので、今日も最初からガウンの前は全部はだけてほぼ裸の状態で舐められています。感じてくると自然を身体をくねらせたりしますが、お腹のあたりがよじれて波打っているのを見ていると、感じてくださっているのだと分かってなかなかいいものです。軽くソフトに舐めているにも関わらず、割とすぐにクリトリスが大きくなってきています。ちょうど包皮でくるめるくらいの大きさで、クリトリスの周りをゆっくりとなめていくには舐めやすい大きさをしておられます。少しクリトリスから舌を離して膣の入り口を舐めてみますが、こちらもお好きみたいでそんなに深く舌を入れなくても、入り口あたりを舐めているだけでかなり感じておられます。

そうこうしているうちに、AYさんも逝きそうになってこられて、私もしっかりと逝っていただくためにクリトリスを包皮でくるむと少し強めに押すようにして、逝ってしまわれました。そのまま舌を離さずにいると、しばらくの間は絶頂が続いている様子です。一度逝かれてしまうと、後は、何度でも逝ってしまわれるのですが、クリトリスを包皮でくるんで、ちょど先端の下側あたりを舐めると決まったように何度でも逝ってしまわれます。逝った後でも舐め続けているうちにクリトリスも大きさを増してきて、それを少し吸うようにしてさらに大きくして舐めると、感度も増すようで、逝ったあともすぐにでもまた逝ってしまわれます。

そんな風に何度も逝っておられるうちにやはりかなり汗をかいてこられて、暑い、とおっしゃいながらガウンを脱いでしまわれます。素っ裸になっておられるので、舐めながら腕を上半身のほうへ伸ばしてお腹から胸のあたりまでをまさぐるようにして舐めさせていただきます。連続して何度も逝かれたところで、限界になってきたので、少し休憩をさせていただきました。

15083298860.jpeg 15083299060.jpeg

休憩中は横になってAYさんの胸からお腹あたりを触られていただいているのですが、汗でびっしょりしていたのが割とすぐにサラサラになってモチモチっとした肌の感触が心地よいです。それから乳首を舐めさせていただきながら手でクリトリスのあたりを覆うようにして少し圧迫しながら感じていただきます。そんなにゆっくりと休憩する時間もなく、そのまま下のほうへ移動して再びクンニを始めます。連続して逝かれているので、太もものあたりがすでに筋肉痛のようです。

休憩をはさんでもクリトリスの感度は落ちていないので、またまた連続して絶頂を迎えられて、身体が汗びっしょりになってこられたところで、指も挿入してほしいとおっしゃるので、人差し指を挿入しながらクンニをさせていただきます。クリトリスの感じるところを舐めるたびに膣がキュッキュッとしまるのが指に伝わってきます。クリトリスを刺激して逝ってしまわれた後、口を離しても、指はそのまま挿入してGスポットあたりをまさぐっていると、身体を反らすようにして、膣の方でも感じておられます。

また限界に達したところで一休みしたのですが、AYさんとしてはもう限界みたいだったのですが、時間をみると意外にまだ2時間ほどしかたっていなかったので、少し休んでから再び少しだけ舐めさせていただきました。その時も指を挿入していまいたが、最後の方は指だけでクンニを同じように感じておられて、指を激しく動かしているとくちゅくちゅと音がするくらいに濡れてきて、それでも時々キュッキュっと膣が締って指を締め付けます。さすがにAYさんもぐったりとされて今日はこれで終了になりました。

実はまだラブホの休憩時間はたくさんありましたので、AYさんがコヒーを入れてくださって、残りの時間少しお話などをして過ごしました。写真と撮るときに、いまさらですがAYさんのお尻がまあるいいい形をされていたのでお尻を撮られていただきました。40代でも身体を動かしておられると、いい形をしていて、触ると気持ちいいモチモチ感です。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/994-c4bacf20