FC2ブログ
台風も無事に過ぎ去ってよいお天気となりましたが、夜になってからYJさんとお会いしました。前回は2週間くらい空いてしまうとおっしゃっていたのですが、意外に早く連絡をいただいたので、お聞きしてみたらたまたま予定がなくなって時間ができたのでまた週1のペースでお会いすることになりました。いつものように直接家まで来てくださって、リビングで少しお話をした後でシャワーを浴びていただきました。バスタオルだけを巻いて出てこられて寝室の方でしばし待っていただきます。

仕事帰りなので私もシャワーを浴びてから寝室へ入って、布団の中に入っておられたYJさんの隣に入って少し脚を触らせていただきます。ちょっと寒いかもしれないなと思って念のため暖房を入れたところちょうどいい感じのお温度になりました。私は通常はTシャツを着て舐めていますが、女性の方は上半身も裸の場合が多いので、少し暖かめにしておいた方がよいですね。掛布団を下に落としてYJさんの脚の間に入らせていただきます。お会いした最初のころはYJさんの腰の角度と私の口の角度がちょっとずれていて舐めにくさもあったのですが、回を重ねるごとにしっくりと口が当たるようになってきました。

15088583220.jpeg 

太ももから脚の付け根へと舐めていき、小陰唇のひだとの間もゆっくりと上下に舐めて行きます。ひだに舌が触れるとYJさんも少し声を出すようになって感じておられます。やや下の方へ舌を伸ばして舐めていると、膣のあたりからその周辺に愛液が溢れているのがわかりました。ひだの両側をじっくりと舐めながら、クリトリス周辺へも舌を伸ばしてみたりします。最初のうちはクリトリスと膣の間のあたりのひだを舐めると声が大きくなるので、このあたりが気持ちがよいことが分かります。だんだんと感度が上がってくるとやはりクリトリス周辺のほうが感じやすくはなるのですが。

前回は舐め始めてすぐにもクリトリスのところに舌を乗せるとヒクヒクしていましたが、今日はそれほどでもなさそうです。日によってやはり感じ方も違うだろうなと思いながら、ひだの全体を覆うようにまんべんなく舐めるようにします。愛液が溢れている膣の入り口付近も舌を触れさせるだけで声の調子が少し変わってきます。時間をかけて舐めていると、膣の入り口あたりが最初にヒクヒクとしだしてきました。そろそろ逝きそうな感じにはなってきましたが、クリトリス周辺はソフトにゆっくりと舐めていきます。もう十分にクリトリスも固くなって舌先でコリコリした感触がよくわかるようになってきていましたが、YJさんが腰を自ら腰を押し付けるようになるまで同じ調子で舐めます。

いよいよ逝きそうなころにはYJさんも腰を浮かせ気味にして私の口クリトリスのところが当たるようにされるので、そこで少し強めにクリトリスを押すようにすると、あ~、とおっしゃいながら逝ってしまわれます。そのあとも引き続き舐めて行くのですが、一度逝かれた後はもう何度でも連続して逝ってしまうようになります。前回もクリトリスを中心にして舐めていたところかなり深く感じておられたみたいなので、今回も逝ってしまわれてからはクリトリスを中心に舐めて行きます。クリトリスを包皮でくるむようにして舐めるとよいのですが、今日は唇を少しすぼめるようにするとクリトリスをうまく包み込みようにできて、そうなると強めにクリトリスの上から押すようにしても大丈夫です。

クリトリスもかなり大きくなってきましたので、クリトリスの先端のちょっと下のもっとも敏感なところを包皮の上から舌ですりすりすると、それまで声を出して感じておられたYJさんが息を飲むようにして声を出さずに快感に耐えておられるようになりました。後でYJさんが声が出なかったときはどんな舐め方をしていたのかお聞きになりましたが、やはり声も出なくなってしまうくらいの気持ちよさをかみしめておられたのだと分かりました。途中で、もうダメ、と何度かおっしゃったのですが、それでも腰は私の唇の押し付けるようにされていましたので、私としてはそのまま舐めさせていただいていましたが、そうおっしゃっていた時は逝きつづけてほんとにちょっとダメな感じだったのだそうです。

15088583310.jpeg  15088583410.jpeg 

声を出さずに快感に耐えておられる時間がかなり長くなったので、少し口を離してYJさんの様子をみていたところ、口を離してからも身体がピクピクとして腰が自然に動くようになって止まらなくなっています。その腰の動きに合わせて舌を再びクリトリスの上に軽く触れるようにしてみると、クリトリスの先端がヒクヒクと動き続けています。舌を触れさせているとヒクヒクも止まる気配もなくて、少し強く押すようにすると、再び声を出さずに絶頂を迎えられたりします。

私もかなり長めに舐めたかなというところで、口を離して一休みさせていただくことにしました。YJさんの隣に横になったのですが、YJさんはその間も身体の痙攣がとまらずにしばらくは身体をヒクヒクとさせたままです。身体が落ち着くまで胸のあたりや太もものあたりを撫でさせていただいたりしていましたが、落ち着いたところで、指を挿入させていただきました。指だけでも気持ちよさそうにされていましたが、そのあと指を挿入したままでクンニを再開しました。クリトリスに舌が触れると膣がきつく締って指全体が締め付けられます。クンニで逝っていただいてから、しばらくは指だけの挿入をさせていただきました。

YJさんは私と会う前はオナニーでもクリトリスではなく挿入で気持ちよくなっておられたのですが、指の挿入を終えてふたたびクンニだけにすると、なんだかクリトリス方が気持ちよくなったみたい、とおっしゃっています。そのあとも、クリトリスの先端の下あたりを重点的に舐めさせていただいて、YJさんも終始声もだせない快感に浸っていただいて、さすがにそろそろ限界かなというところでクンニを終了しました。

写真を撮らせていただいた後もYJさんはしばらくベッドに横になっておられましたが、ゆっくりと身体を起こすようにしてベッドからおりると覚束ない足取りでシャワーへ向かわれました。女性の方が逝きすぎで起き上がれないことは時々ありますが、男性の私としてはその時はどんな感じになっているのか興味がわくところです。こういう状態になってもしばらくするとなんでもなかったようになるのが不思議なんですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/996-e4945053